会社設立必要書類作成、内容証明作成代行、各種慰謝料請求手続き代行、契約書や示談書、公正証書などの作成および手続きの代行

慰謝料
浮気・不倫
婚約破棄
暴行・傷害

離婚
離婚とは
離婚の理由
離婚の種類
離婚原因
婚姻費用
慰謝料
財産分与
養育費
親権
年金分割
離婚協議書

遺産相続
相続とは
遺言
相続手続き
相続財産
相続放棄
単純承認
限定承認

法定相続人
法定相続分
遺贈
死因贈与

特別受益
寄与分

相続廃除
相続欠格

遺留分
減殺請求

遺産分割
協議書

相続税

刑事告訴
基礎知識
被害届
告訴と告発
暴行・傷害
正当防衛
恐喝・強要
親告罪
詐欺罪
横領・背任
業務上
過失傷害

交通事故

借金問題

内容証明
目的
効力
書き方
出し方
文例・雛形
再度証明
Q&A

契約書
目的
効力
作り方
特殊なもの
製本の方法
無効・取消
Q&A
ひな形


相談無料!秘密厳守!
 

メニュー




法律の条文

HOME  法律の条文  身元保証に関する法律

TOPページ

身元保証に関する法律



身元保証に関する法律
公布:昭和8年4月1日



※以下、現代語訳

第一条
引受、保証その他どのような名称であっても、期間を定めずに被用者の行為によって使用者
の受ける損害を賠償することを約束する身元保証契約は、その成立の日より三年間その効力
を有する。但し、商工業見習者の身元保証契約については、これを五年とする。


第二条
1.身元保証契約の期間は、五年を超えることはできない。もしこれより長い期間を定めたと
きは、これを五年に短縮する。

2.身元保証契約は、これを更新することができる。但し、その期間は、更新のときより五年
を超えることはできない。


第三条
使用者は、左の場合においては、遅滞なく身元保証人に通知しなければならない。

1.被用者に業務上不適任または不誠実な事跡があって、このために身元保証人の責任の
問題を引き起こすおそれがあることを知ったとき。

2.被用者の任務または任地を変更し、このために身元保証人の責任を加えて重くし、または
その監督を困難にするとき。


第四条
身元保証人は、前条の通知を受けたときは、将来に向けて契約の解除をすることができる。
身元保証人自らが、前条第一号及び第二条の事実があることを知ったときも同じである。


第五条
裁判所は、身元保証人の損害賠償の責任及びその金額を定めるとき、被用者の監督に関す
る使用者の過失の有無、身元保証人が身元保証をするに至った事由及びそれをするときに
した注意の程度、被用者の任務または身上の変化その他一切の事情をあれこれ照らし合わ
せて取捨する。


第六条
本法の規定に反する特約で身元保証人に不利益なものは、すべてこれを無効とする。


附則
本法施行の期日は、勅令(昭和八年勅令二四九号)によってこれを定める。

本法は、本法施行前に成立した身元保証契約にもこれを適用する。但し、存続期間の定め
のない契約については、本法施行の日よりこれを起算し、第一条の規定による期間、その
効力を有する。存続期間の定めのある契約については、本法施行当事における残存期間
を約定期間とする。もし、この期間が五年を超えるときは、これを五年に短縮する。

以上











※以下、原文

第一条
引受、保証其ノ他名称ノ如何ヲ問ハズ定メズシテ被用者ノ行為ニヨリ使用者ノ受ケタル損害ヲ
賠償スルコトヲ約スル身元保証契約ハ其ノ成立ノ日ヨリ三年間其ノ効力ヲ有ス但シ商工業見習
者ノ身元保証契約ニ付テハ之ヲ五年トス


第二条
1.身元保証契約ノ期間ハ五年ヲ超ユルコトヲ得ズ若シ之ヨリ長キ期間ヲ定メタルトキハ之ヲ
五年ニ短縮ス

2.身元保証契約ハ之ヲ更新スルコトヲ得但シ其ノ期間ハ更新ノ時ヨリ五年ヲ超ユルコトヲ得ズ


第三条
使用者ハ左ノ場合ニ於テハ遅滞ナク身元保証人ニ通知スベシ

1.被用者ニ業務上不適任又ハ不誠実ナル事跡アリテ之ガ為身元保証人ノ責任ヲ惹起スル
虞アルコトヲ知リタルトキ

2.被用者ノ任務又ハ任地ヲ変更シ之ガ為身元保証人ノ責任ヲ加重シ又ハ其ノ監督ヲ困難
ナラシムルトキ


第四条
身元保証人前条ノ通知ヲ受ケタルトキハ将来ニ向ケ契約ノ解除ヲ為スコトヲ得身元保証人自ラ
前条第一号及第二条ノ事実アリタルコトヲ知リタルトキ亦同ジ


第五条
裁判所ハ身元保証人ノ損害賠償ノ責任及其ノ金額ヲ定ムルニ付被用者ノ監督ニ関スル使用
者ノ過失ノ有無、身元保証人ガ身元保証ヲ為スニ至リタル事由及之ヲ為スニ当リ用ヰタル注
意ノ程度、被用者ノ任務又ハ身上ノ変化其ノ他一切ノ事情ヲ斟酌ス


第六条
本法ノ規定ニ反スル特約ニ反スル特約ニシテ身元保証人ニ不利益ナルモノハ総テ之ヲ無効トス


附則
本法施行ノ期日ハ勅令(昭和八年勅令第二四九条)ヲ以テ之ヲ定ム

本法ハ本法施行前ニ成立シタル身元保証契約ニモ之ヲ適用ス但シ存続期間ノ定ナキ契約
ニ付テハ本法施行ノ日ヨリ之ヲ起算シ第一条ノ規定ニ依ル期間素ノ効力ヲ有ス存続期間ノ
定アル契約ニ付テハ本法施行当時ニ於ケル残存期間ヲ約定期間トス若シ此ノ期間ガ五年ヲ
超ユルトキハ之ヲ五年ニ短縮ス

以上





 

TOPページ



ミニ六法TOPページ
HOME
取扱業務
事務所概要
サイトマップ
お問い合せ